剣盾S1最終821位、全員火力特化積み技無し構築

はじめに

こんにちは、こんばんは、おはようございます。らみと申します。

剣盾シーズン1お疲れ様でした!上位勢のみなさんが少しでも順位をあげている中、僕は今期の目標であった新環境の最初のシーズンで初3桁の目標を早い段階で達成したので優雅に年越し…とはいかずみんなに越されないかビクビクしながら年越ししていました笑

次は2桁を目指します。

剣盾ではGTSがないため発売から今日に至るまで色々な人に孵化余りを提供してもらいました。ありがとうございました。

その感謝も兼ねて構築記事で情報提供していこうと思います。

 

 

f:id:Lami:20191229190116p:plain

 トレーナーカードにジュラルドンとエースバーンの画像を載せるやり方がわかりませんでした…

 

 

f:id:Lami:20200101183224j:plain

一応証拠画像

 

f:id:Lami:20200101183402j:plain

最高順位(12月29日時点)

 

構築経緯(まあまあ長い)

今回の構築の基盤はUSUMの時に使っていた構築になります。興味がある方は↓からお願いします。

lami8303380.hatenablog.com

 

まず今回もトリックルームを使いたいなと思いました。

ガラル地方にはポリゴン2はいないためまずポリゴン2f:id:Lami:20191229234239p:plainと似たポケモンを探すことにしました。

ポリゴン2の強みは進化の輝石による圧倒的耐久でいかなる攻撃も一発耐えてトリックルームで切り返す、貼った後もダウンロードでCが上がっていればかなりの打点を押し付けられることです。

トリル要員は耐久も大事ですがトリルのターンを枯らされないため無視できない火力を押し付ける力も大事です。

そんな条件でガラル図鑑を眺めていましたがポリゴン2の代わりになれそうなポケモンはいませんでした←!?

 

トリル要員だと有名なのはブリムオンf:id:Lami:20191229234146p:plainだと思いますが物理耐久はさほどないため気合の襷でも持たせないと無理でしょう。

僕は数値で受けるのは諦めて特性化けの皮で圧倒的耐久を実現できるミミッキュf:id:Lami:20191229234330p:plainをトリル要員にしました。

ミミッキュはまだいわゆるテンプレ(じゃれつく、シャドクロ、影うち、剣の舞)が多いと思うので警戒されない、もしくはテンプレが十分強いから警戒してる暇がないという点が強いです。

次にトリルアタッカー、メガクチートf:id:Lami:20191229234438p:plainがいた枠ですがメガクチートほどの火力、技の通りを持つポケモンはガラルにはいません。

ダイマックスが追加された関係で予想しないところで耐久が上がり一撃で落とせないこともあるのでトリックルームで全員倒す難易度は上がったのではないかと思います。

 

そこでトリルアタッカーにはドサイドンf:id:Lami:20191229234510p:plainを採用しました。

ドサイドンは火力も高いですがダイマックス技と相性がいいです。

メインウェポンであるダイアース、ダイロックがどちらとも低い特殊耐久に関与してくれるのがありがたいです。

僕のドサイドンはダイスチルも使えるようにして物理耐久もさらにあげれるようにしています。

トリルダイマックスで無双するのが難しいと思いダイマックス後に要塞化を狙えるポケモンがいいと思いました。

 

残りの4匹はトリルドサイドンf:id:Lami:20191229234510p:plainを通せないパーティに出せるポケモンを採用しました。

順位が上がってくると攻め系の構築の中にアーマーガアf:id:Lami:20191229185036p:plainドヒドイデf:id:Lami:20191229234709p:plain

、ヌオーf:id:Lami:20191229234740p:plainなどの受け系のポケモンを1〜2匹いれているパーティが多く綺麗にトリルドサイドンを通した試合は少ないです。

まずドヒドイデf:id:Lami:20191229234709p:plain、ヌオーf:id:Lami:20191229234740p:plainを身代わりで起点にできる貯水ラプラスf:id:Lami:20191229234845p:plainブラッキーf:id:Lami:20191229234914p:plain対策にドレインパンチで受けだしのダメージを回復できるローブシンf:id:Lami:20191229234942p:plain

を採用しました。

アーマーガアについては型が多く全ての型に対して被害無しで処理するのは難しいと考えました。

さらにここまでで相手の初手ミミッキュf:id:Lami:20191229234330p:plainがきついとこに気づきました。

アーマーガアに対して上から弱点を突けるかつ、ミミッキュに強いポケモンにジュラルドンf:id:Lami:20191229185115p:plain、エースバーンf:id:Lami:20191229184946p:plainを採用してパーティが完成しました。

 

 

 使用ポケモン解説、以下常体

今回はダイマックスがある関係で予想できない場面で相手の耐久力が上がるので全員火力はぶっぱ(252振り)となっています。

HPはローブシンf:id:Lami:20191229181810p:plain以外16n-1調整(熱湯の火傷、砂起こしf:id:Lami:20191229181728p:plainf:id:Lami:20191229181840p:plain、ダイロックによる砂嵐が多いと思ったため)となっています。

ステータスの()内は努力値

 

 

f:id:Lami:20191229184054p:plain
ラプラス 控えめ 貯水 喉スプレー

ステータス

H223(140)--B107(52)-C150(252)-D116(4)-S88(60)

一致イカサマのダメージを身代わりが耐えるか変わるためAの個体値は0推奨。0なら身代わりが確定で耐える。

S無振りアーマーガアf:id:Lami:20191229185036p:plain抜き

しれっと無振りブラッキーf:id:Lami:20191229181925p:plain、無振りマホイップf:id:Lami:20191229221952p:plainも抜いてるのはでかくここまでは振っておきたい。が、どこまで振るかは今後の環境次第。

残りは体感物理技を受けることが多い気がするためBに多く振り、余りD4振り

 

技構成
泡沫のアリア フリーズドライ 10万ボルト 身代わり


泡沫のアリア
今作から新規習得。

音技なため喉スプレーを発動でき、相手の身代わりも貫通する。

貯水に無効化されると喉スプレーは発動しないため注意。

 

フリーズドライ…本来は氷技を半減する水タイプに弱点を突ける氷技。

ギャラドスf:id:Lami:20191229182010p:plainトリトドンf:id:Lami:20191229182035p:plain、ヌオーf:id:Lami:20191229182055p:plainガマゲロゲf:id:Lami:20191229182118p:plain、ウオノラゴンf:id:Lami:20191229184836p:plain

など対戦でちらほら見るポケモンに4倍弱点をつけて今作の環境ではかなり使いやすい。

 

10万ボルト…アーマーガアf:id:Lami:20191229185036p:plain対策として採用したがダイマックス後に水タイプに弱点をつく技としても割と使う。

 

身代わりドヒドイデf:id:Lami:20191229182202p:plain、ヌオーf:id:Lami:20191229182055p:plainを起点にする技。

貯水のおかげで熱湯1ウェポンの場合は身代わりを破ることはできない。他にもトリトドンf:id:Lami:20191229182035p:plainミロカロスf:id:Lami:20191229182302p:plainと熱湯1ウェポンの可能性があるポケモンは意外といる。

 

使用感

使ってみたら意外と強かったポケモンNo.1。

勝率も高く、選出数も同率だが一番高い。ドヒドイデf:id:Lami:20191229182202p:plain、ヌオーf:id:Lami:20191229182055p:plainを絡めたパーティにしか選出しない予定だったが終盤に増えたカバルドンf:id:Lami:20191229181728p:plainギャラドス

f:id:Lami:20191229182010p:plain構築にも出したりと思ったよりも選出し強かった。

 選出率2匹同率3位

 

 

f:id:Lami:20191229184707p:plain
ジュラルドン 控えめ ライトメタル 突撃チョッキ


ステータス 
H175(236)--B135-C189(252)-D73(20)-S105

S振りは必要ないと思いHCベース。

Bはもともと硬くダイマックスで強化できるためD4振り

  

技構成
ラスターカノン 流星群 10万ボルト 悪の波導


ラスターカノン
…徹底抗戦と違ってHPが削れず性能安定。ダイスチルが強すぎる。

 

流星群…龍の波導では火力が足りない。

威力の関係でラスターカノンより打つ場面が多い。

 

10万ボルト…ジュラルドンf:id:Lami:20191229185115p:plainの生命線とも言える技。

アーマーガアf:id:Lami:20191229185036p:plainドヒドイデf:id:Lami:20191229182202p:plainギャラドスf:id:Lami:20191229182010p:plainなど打つ相手は多い。

 

悪の波導…初手ギルガルドf:id:Lami:20191229182507p:plainに何もできないのは辛いと思って採用したが使ったことはなく、ダイアークとしても使ったことがない。

この枠はダイソウゲンとして打つソーラービーム、ダイスチルとして打った場合ラスターカノンより威力が高く、デメリット付きだが流星群よりも火力が高い徹底抗戦などに変更でもいい気がする。

 

使用感

ドリュウズf:id:Lami:20191229182525p:plainがいないパーティにはとても強いポケモン

龍、妖が抜群でない龍、炎が抜群でない鋼と鋼龍タイプは強い要素が多い。

特性がライトメタルなせいで実質特性なしなのにこの活躍はすごいと思う。

このポケモンに限ったことではないがダイスチルを打てるポケモンダイマックスが終わった後も防御上昇が残るため相手の残りポケモンが物理だけの場合は、ジュラルドンf:id:Lami:20191229185115p:plainだけで残りを一掃できる。

まだまだ物理が多い環境なためこういう事象は割とある。

 選出率2匹同率1位

 

 

f:id:Lami:20191229184254p:plain
エースバーン 意地っ張り 猛火 拘り鉢巻


ステータス

H159(28)-A184(252)-B97(12)--D96(4)-S166(212)

物理耐久は意地っ張り命の珠252振りミミッキュf:id:Lami:20191229183107p:plainのシャドークロー+影うち確定耐え

S最速サザンドラf:id:Lami:20191229182554p:plain抜き調整、余りD4振り

 

技構成
火炎ボール アイアンヘッド 蜻蛉帰り 不意打ち 


火炎ボール
…命中90だが威力120と強い技。

エースバーンf:id:Lami:20191229184946p:plainはそこそこ耐久があるため命中不安だとしてもフレドラより強いと思う。

鉢巻にすることで腕白252振りカバルドンf:id:Lami:20191229181728p:plainに乱数2発(62.1%)とすごい火力。

 

アイアンヘッドミミッキュを確実に仕留める技だが使用機会が少ない。

飛び膝も余り打ちたい場面がないため変更余地あり。

 

蜻蛉帰り…鉢巻なためかなり火力がでる。

これでサイクルを回すだけでも強い。個人的に必須。

 

不意打ち…こちらも必須の先制技。

 

使用感

もともと襷で使っていたが意外と耐久が高いことに気づき鉢巻で採用。

アイアントf:id:Lami:20191229182733p:plainのためだけに陽気にしたくなかったため意地っ張り。

拘り鉢巻のデメリットを感じる場面は少なかった。

先発でよく出していたが読まれることが多かった印象。

カバルドンf:id:Lami:20191229181728p:plainギャラドスf:id:Lami:20191229182010p:plainも増え次シーズンでは少し動きづらくなるかもしれない。

夢特性リベロを解禁したら大変なことになるからやめて欲しい笑。

 選出率2匹同率3位

 

 

f:id:Lami:20191229184011p:plain
ミミッキュ 意地っ張り 化けの皮 命の珠


ステータス

H159(228)-A156(252)-B104(28)--D125-S116

HP16n-1調整(このポケモンに限っては化けの皮ダメージ意識もある)かつ10n-1調整(命の珠のダメージ意識)

トリックルームを貼りたいため低いBを補う余りB振り

 

技構成
じゃれつく 影うち トリックルーム 呪い


じゃれつく
…妖技の最大打点。威力90、命中不安と技としては弱いが妖打点は欲しいため仕方ない。

 

影うち…先制技。

ポリゴン2f:id:Lami:20191229182903p:plainメガガルーラf:id:Lami:20191001171426p:plainがいないため無効化されるケースが少なくなった。

 

トリックルームドサイドンf:id:Lami:20191229182944p:plainローブシンf:id:Lami:20191229181810p:plainラプラスf:id:Lami:20191229183017p:plainの補佐技。

ダイマックスを2ターン枯らしトリックルームで切り返す動きが強い。

 

呪い…自主退場兼相手を問わない削り技。

 

使用感

前作の使用率トップのポケモン

Z技がなくなりダイマックスが追加されて相手の耐久が大幅に上昇して押し切れない場面が多くなった。

補助技を駆使したミミッキュf:id:Lami:20191229183107p:plainが強いと思いトリックルーム型で採用。

 選出率5位

 

 

f:id:Lami:20191229183849p:plain
ローブシン 意地っ張り 根性 火炎玉

 

ステータス

H205(196)-A211(252)-B123(60)--D85-S65

Aをぶっぱにしつつ陽気252振りドリュウズf:id:Lami:20191229182525p:plain地震確定3発調整。

  

技構成
ドレインパンチ 雷パンチ しっぺ返し マッハパンチ

 

ドレインパンチローブシンf:id:Lami:20191229181810p:plainの対面性能を支える技。

闘単タイプなため耐性は優秀ではないが回復があるためサイクル戦にも加入できる。

 

雷パンチ…役割対象はラプラスf:id:Lami:20191229183017p:plainとジュラルドンf:id:Lami:20191229185115p:plainと同じで、トリックルーム下だとトゲキッスf:id:Lami:20191229183223p:plainも対象に入る。

今作の環境は電気タイプのポケモンのメンツが情けないためサブウェポンで補強するのが賢い気がする。

 

しっぺ返し…ドラパルトf:id:Lami:20191229185438p:plainピンポ気味かつ最近余り使ってない技。

ローブシンf:id:Lami:20191229181810p:plainはサブウェポンが豊富なため他のに変えたほうがいい。

一撃の火力が高いインファもあり。

 

マッハパンチ…抜群突ける相手に限らずいろんな相手に打つ。

霊が環境に多いが、サザンドラf:id:Lami:20191229182554p:plainドリュウズf:id:Lami:20191229182525p:plainバンギラスf:id:Lami:20191229181840p:plainと格闘弱点もかなり多いため重宝する。

 

使用感

ドリュウズf:id:Lami:20191229182525p:plainに対する並ならぬ恨みから採用。

トリックルームがなくても強くよく選出するが、それでも霊がやはり多いためこのパーティの中では一番読みが必要なポケモン

特にミミッキュf:id:Lami:20191229183107p:plainに後出しされることが多く、使う場合はその可能性もを常に考慮したほうがいい。

選出率2匹同率1位 

 

 

f:id:Lami:20191229183935p:plain
ドサイドン 意地っ張り ハードロック 弱点保険

 

ステータス

H215(196)-A211(252)-B150--D83(60)-S60 

物理耐久は意地っ張りエースバーンf:id:Lami:20191229184946p:plainの飛び膝蹴り乱数2発(0.3%)調整

Bダイスチルでも強化できるため低いDを補う余りD振り

 

 技構成
ロックブラスト 地震 アイアンテール ステルスロック

 

ロックブラスト…身代わり意識で連続技のこちらを採用。

命中率はストーンエッジより高い。

ダイロックにした場合はストーンエッジと同じ威力。

 

地震…安定地面技。

メガボーマンダf:id:Lami:20191229183400p:plainランドロスf:id:Lami:20191229183434p:plainがいなくなったことにより透かされることが少なくなった。

ダイロック、ダイアース共に低い特殊耐久を補えるのが強い。

 

アイアンテール…他のドサイドンf:id:Lami:20191229182944p:plainを見ると採用率が低そうな技。

僕はかなり高く評価してる。

ダイマックス後、トリックルーム後に要塞化できるのが強い。
追記、当時の僕はアイアンヘッドを覚えることを知りませんでした。絶対アイアンヘッドの方がいいです。

 

ステルスロック…使う機会は少ないがこの技のおかげで勝ったこともあるため採用。

ダイナックルが使える馬鹿力でも良さげ。

 

使用感

基本的にはトリックルーム下で使用。

前述した通り要塞化できるダイマックスポケモンは強い。

終盤は受け系のポケモンが増え少し動きづらかった。

 選出率6位

 

初手、選出パターン、ダイマックス率

初手はエースバーン、ドリュウズがいないパーティにはジュラルドンが多い感じです。

多いというだけでミミッキュ以外の他のポケモンも初手に投げることはあります。

選出パターンはあまりありません。

ダイマックスするポケモンは選出段階では特に決めておらず試合の中で決めていく感じです。

ただドサイドンは選出したらほぼダイマックスします。

ダイマックスしなくても強いポケモンをパーティに入れ自分のダイマックスの選択肢を増やすのが強いと思いこのような構築になりました。

今作も初手率、選出率の統計を取っていましたが最初のシーズンということもあったのか「この3〜2匹が初手」と読めるくらい信用できるデータは取れませんでした。どのポケモンが来てもある程度対応できるポケモンを初手に置くのが大事だったのだろうと思います。

 

 

まとめ、以下敬語

僕が作った構築にしては珍しくサイクル寄りの構築になりました。

前の記事で読んだ人は覚えてるかもしれませんが僕は交代はあまりしたくない派の人間です。

読みがポケモンの醍醐味という人もいますが、僕は極力読みが少ない構築作りを目指しています。

それでも勝ち切れた要因を考えてみると全員火力特化にしてる点が大きいのかなと思います。

僕の剣盾での勝ちパターンは圧倒的火力で相手の受けだしを許さず、相手に先にダイマックスをさせて、その後に相性のいいポケモンに対してこちら側がダイマックスをし有利関係を持続させる勝ち方が多いと思います。

圧倒的火力で相手の選択肢を減らし相手を負けに向かわせる立ち回りはUSUMでもやっていました。

剣盾になっても圧倒的火力で勝つスタイルは変わらないのだろうと思います。

サンムーンのシーズン1はちょうど受験が重なっていたこともありレートに潜ることができませんでした。

それもあり対戦環境が一週間単位でコロコロ変わるシーズン1はとても楽しかったです。

 ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

質問はTwitterのリプまたはDMまでお願いします。

twitter.com